Orange capsules

自立支援医療制度

the drugs

双極性障害など精神疾患の治療には、効果な医薬品を継続的に買っていかなくてはならないという、医療費の問題があります。薬によっては一月2万円以上もかかってしまう事もあり、ただでさえ就労が困難である双極性障害など精神疾患当事者にとっては、毎月の高い薬代というのはかなり負担の大きい要素だと言えるのです。ですが、日本ではそういった精神疾患を持った人を救済してくれる制度として、自立支援医療制度というのがある事をしっかりと知っておきましょう。周りに障害や福祉に詳しい人がいないと知るきっかけがまず無い制度ですが、条件に合致すればかなり薬代が減額してもらえる自立支援医療制度は、精神障害者が日本で生きるうえで必ず利用すべき制度である事を覚えておいて下さい。住民票のある市町村にもよりますが、ほとんどの場合で医療費負担額が一割前後(市によっては全額)へと減額されるので、双極性障害に苦しむ当事者は絶対に制度を利用するようにしましょう。自立支援医療制度は区役所の福祉課と通院している精神科両方で申請手続きを行う必要があります。信頼できる医院から処方してもらえる品質の安全な治療薬を、たったの一割負担に減額してくれるので、必ず利用するようにしておきましょうね。インターネットで検索を行えば、双極性障害など精神疾患それぞれの自立支援医療制度の情報を調べる事ができます。これからも長期的もしくは一生薬が必要となるのであれば、知っていないと絶対に損をする自立支援医療制度を覚えておくようにしておきましょう。